かつら・ウィッグの買替えオーダーメイドなら福岡市博多区のグッドジョブヘアにお気軽にご相談ください。オーダーメイドで10万円台の低価格を実現

かつら業界|大手と小規模店のメリット・デメリット

薄毛
私はかつらのカット技術を専門に20年以上経ちました。かつらの仕上げは20年毎日技術を続けても未だに難しいと感じます。 例えばお客様が今迄使用していたかつらに合わせて新しいかつらを仕上げて欲しいと望まれた場合、今迄使い込まれたかつらと同じ様にカットして変化がないように仕上げるだけでも非常に高い技術と経験がないと出来ません。
また自毛とかつらを特殊糸で結着するいわゆる編み込みと言う技術も完璧に結べるには3年位はかかります。人工毛にカールを付けて形状記憶をさせる技術にいたっては自在に仕上げるには5年はかかる技術です。これは毎日毎日多くのかつらを仕上げてもこのくらいかかるという事です。
ですからたまにしかかつらのカットをしないお店ですと、この何倍も技術修得にかかると思います。
さらに円形脱毛のような全頭の型取りは難しく少しの取り違いが有れば頭の形に合わずにぶかぶかした製品になってきますから相当の経験がないと本当に満足出来るものは出来ません。
グッドジョブヘアのポリシー
かつらは取り付け方法だけでもお客様のお仕事や髪の状態、年齢や肌質に合わせて何十通りもあります。
このような多くの取り付け方の中からお客様に合ったベストの方法をアドバイスして実際に施術するには専門店でなければ絶対に無理だと思われます。
未だに取り付け方法がテープや留め金や接着剤しか出来ないお店は多いのではないでしょうか。
最近はかつらの専門店でなくても、かつらや増毛を扱うお店も増えていますが数回の研修を受けるだけでもうカットや型取りをしていると聞き驚きます。年数回の研修でかつら取り扱い店をたくさん増やすのは簡単ですがグッドジョブヘアはやはり専門店にこだわり、かつら増毛の専門店と提携して行きたいと考えます。
グッドジョブヘアでは本当に専門の技術を修得しているお店としか提携していませんからどのような製品タイプや取り付け方法にも精通しておりますので安心しておまかせください。

大手メーカーでいつも高額なかつらや増毛を作っておられる方は金銭感覚が麻痺しがちで、当たり前のように高額な製品を買い続けてしまう傾向にあります。
しかしグッドジョブでは、同じ物を低価格でご提供できますので、新たな選択肢とお考えいただけたらと思います。
現在のかつらのように、30万から100万円近くもかかる物は、日本以外では絶対に売れませんから、外国ではもっと低価格の設定になっているのが普通なのです。
かつら、増毛会社の形態
かつら、増毛の会社の運営方法は主に次の4つに分けられます。
●直営店方式大手メーカーが行っている方式は約80%を直営店で運営、その他にフランチャイズ店もあります。コスト的には一番お金がかかる方式です。●フランチャイズ方式グッドジョブヘアはこの方式です。メリットとして、各店舗独立していますがお客様は全国同じサービスが受けられます。またこの方式は各店独立した経営者がいるため直営店よりもお客様に対する接客サービスは必ず良くなります。各店舗は完全にかつら、増毛の専門店で大手メーカーと同じ専門の技術者が担当します。さらに運営コストも低く抑えられるため製品価格も低価格で販売出来るわけです。●委託方式本部が一つありその他の店舗は理容店や美容店に委託する方式です。お客様は本部のお客様となり、理美容室はお客様の製品カットとメンテナンスを本部から請け負うかたちとなります。コストを低く抑えられ全国展開が容易です。反面、専門性が薄れるいう事になります。●1店舗独立方式どこにも所属せずに各地域で1店舗で行うと言うお店もあります。この方式が一番コストは低いです。
製品ラインナップの比較
●大規模専門店ほとんどの会社がかつら、増毛、編み込み、生え際が出せるタイプなどいろいろなラインナップをそろえているためその中から選択できる。●小規模専門店すべてのラインナップを揃えており最新の製品も問題ありません。ただし、中にはかつらしか取り扱ってないところもあるようです。
カット技術の比較
最近は生え際が自然なタイプが主流になりつつありますが、
どのタイプもカットの仕方でかなり自然さに差がでます。
現在、製品自体の素材や形状は大規模専門店も小規模専門店もほとんど差が無いため、
カット技術の向上は各社とも一番力を入れている部分ではないでしょうか。
●大規模専門店社員数が多いため上手い技術者もいますが、カット技術には個人差があり上手い技術者にカットしてもらえるとは限らないので不満が出る場合もあります。●小規模専門店小規模店はカットが上手くないとお店がやっていけませんから自然に見せる技術レベルは高いと思います。ただし、技術者の数が大規模店よりかなり少ないためそのお店の技術が自分に合わない時は困ります。
これからの毛髪業界
小規模店も大手メーカーもそれぞれ良いところがあります。
たとえば服をオーダーする場合、大手有名デパートで注文する方が安心という人もいますが、
腕のいい職人がいる小規模テーラードで注文する人もいるわけですから、
よく情報を集めて自分にあった専門店を選ぶことが大事です。
●大規模専門店から小規模店へ
明確な価格表示やきめ細かいサービス、最新の製品ラインナップによりお客様も大手から移動されるようになってきています。
そして大手から小規模店に来られたかたのなかには22才で増毛を200万円も買わされ長いローンを組んでいるお客様や、ある育毛メーカーで育毛の見積もりをしてもらったところ2年コースでなんと700万円という途方もない値段を提示されたかたなどがおられます。
(しかも4年通うようにいわれたそうですから1400万円にもなります)
このように何も知らないと長いローンを組んだり大変な借金を背負う危険もあります。
●大規模専門店の問題点
毛髪業界では大手と言われている会社が8社ほどありますが販売方法の問題から東京都の行政指導をうけたりしています。
なぜこの様な事態が起こるかというと、この業種が人の悩みを扱うという性質上、何かお客様に重大な不満があったとしても表に出にくいため、会社側もその事に無関心な場合が多いためです。
また会社の規模が大きくなると社員は新規のお客様を担当するカウンセラーと
既存のお客様を担当しカットなどを行う技術者とに別れ
それぞれに新規販売と継続販売をまかされます。
新規売り上げをあげるため来店したお客様に商品価値を説明して
販売に結びつけようとしますが顧客単価とか決定率とかの売り上げの目安があり、
なるべく高い契約をとるように努力します。
既存のお客様への再販買である継続売り上げが科せられますので
やはり毎月のメンテナンスに来るお客様に何とか販売しようとがんばります。
社員の売り上げ額を評価してボーナスやら昇級を決めていますのでなかには
カット技術やサービスをないがしろにして強引な販売をしてくる社員が出てくる訳です。
それに支店同士でも販売ノルマがあり常に売り上げ競走している訳ですから
そのしわ寄せがお客様に来ることになります。
●小規模店のメリット
以前は莫大な広告費が必要なため、なかなか小規模店は参入しにくい状況でしたが、
インターネットの普及に伴い全国的に独立系のお店も増え、
お客様の選択の幅も広がってきました。
全国的に小規模のお店も増え業務提携も行えるようになり
明確な価格表示やきめ細かいサービス、最新の製品ラインナップにより
お客様も大手から移動されるようになってきているのです。
実際に小規模店で製品を御覧になった方は今まで高額で買っていた製品と
なんら変わり無い事に驚かれますし、
もちろん強引な販売等は皆無なので安心していただけます。
これからは大手だけがお客さまを独占する時代は終わり永くつきあえるお店が増え、
高額な商品を長いローンを組んで買うような事は無くなっていくのではないでしょうか。
お客様満足度100%を目指して
店長の樋口です。私は長い間かつらのカットをしてきましたが、かつらのカットは本当に難しいと長くやるほどに実感します。
最初大手メーカーに入社したときはかつらのカットを2ヶ月の研修後からさせられてまだこんなに未熟なのに高額なかつらをカットして良いものかと驚きました。
その後20年経って感じる事は、かつらのカットはお客様がご自分の理想のかたちの70~80%の仕上がりで妥協しておられる場合は未熟な技術でも出来るのですが、90~100%の満足度で仕上げるためには技術のうまさやセンスとともに感性が非常に大切になります。
お客様はご自分が本当に欲しいスタイルをうまく表現出来ないものです。
お客様のご要望をお客様との話のなかで上手に聞き出せる感性があって初めて100%の満足度を実現出来るとともに、私たちはスタッフともども技術だけでなく感性も磨いていかなければならないと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加    
関連記事