かつら・ウィッグの買替えオーダーメイドなら福岡市博多区のグッドジョブヘアにお気軽にご相談ください。オーダーメイドで10万円台の低価格を実現

グッドジョブヘアのかつら植毛技術

薄毛
こんにちわグッドジョブヘア福岡店長の樋口です。グッドジョブヘアのかつら植毛技術のご紹介です。グッドジョブのかつらの生え際は、頭皮から出る皮脂で生え際と一体化するほど薄いものです。
ナノスキンという0.06ミリ程の薄い膜に、数千本の毛を手植で植えています。しかもその薄さの膜の中で根元を結び込み、強い力で引っぱっても毛が抜けないように作られています。ネット部分の植毛も裏側に結び目が出ていません。このように、丁寧に手植えされるため、自然な生え際で耐久性も確保されています。ながく使用して傷みが出た場合は、フロントのナノスキン部分を全て交換出来ます。
ナノスキン ナノスキン全体
▲グッドジョブヘアのナノスキンタイプの場合
向こう側が透ける程の厚みしかないベースに毛を植える事は非常に難しく、繊細な技術が必要となるため、作製日数も40日程度必要となります。ベースの周囲にも補強のエッジがあるので耐久性も十分です。
1枚ネット 1枚ネット傷み
▲他社シングルネットの場合
他社からご来店のお客様が使われていた数万円のオーダーかつらです。このようにシングルネットと呼ばれるタイプは補強のエッジや人工皮膚が無いため低価格ですが、傷みが出やすく修理も出来ないため、数ヶ月しか持たない場合が多いのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加    
関連記事