かつら・ウィッグの買替えオーダーメイドなら福岡市博多区のグッドジョブヘアにお気軽にご相談ください。オーダーメイドで10万円台の低価格を実現

かつら(ウィッグ)をご検討のお客様から頂く質問と回等

かつらをつけてかゆくなりませんか?
皮膚に完全に張り付けるタイプや編み込み式で数週間も外さない場合は
ときどき痒くなることがあります。
しかし常に痒いことはありませんから使用には問題ありません。
まれに皮膚が弱く痒みが続く方もおられますが、
その場合は他の方法に変えることもあります。
かつらの耐久性は何年ぐらいですか?かつらの耐久性は、種類や使用頻度で変わりますが、
通常のタイプは2年~5年位の寿命です。
ここで言う寿命とはかつらと分からない自然さを保っている期間で、
もっと長く使う方もおられます。
ただし、メンテナンスや利用方法などによって、耐久性は変わります。
触られても大丈夫でしょうか?編み込み式やストッパータイプはある程度厚みがあるため触り方にもよりますが、
指を毛の中に入れるような触り方だと違和感があると思います。
生え際が出せるタイプなら頭皮との境がほぼありませんから100%とは言えませんが、
触られても問題ないレベルです。
プールや温泉,サウナに入って外れることはないですか?現在の固着技術なら大丈夫ですが、取り付けてから日にちがたつにつれ
少しずつ固着力は弱くなることを考えておくべきです。
どんなヘアースタイルでもできますか?
好みのスタイルにできます。
若い方も多いのでワックスで髪を立ち上げたり
茶髪に染めたり色々楽しむことができます。
かつらを買う時は大手メーカーのほうが安心ですか?小規模店も大手メーカーもそれぞれ良いところがあります。
たとえば服をオーダーする場合、大手有名デパートで注文する方が
安心と言う人もいますが、腕のいい職人がいる小規模なテーラードで
注文する人もいるわけですからよく情報を集めて
自分にあった専門店を選ぶことが大事です。
会社ごとに価格の差があるのはなぜですか?一般的には会社の規模が大きくなるほどコストダウンが進み価格が安くなるわけですが、
かつらの場合は会社の規模が大きくなるにしたがい価格は高くなる傾向があります。
理由としてかつらが手作りで作製するため大量生産できないことと、
規模が大きくなるほど広告費、人件費が増えるためだと思われます。
製品自体の機能や自然さは価格の差とは関係ないのです。
かつらの髪は後で染められますか?人毛は染められますが、人工毛は染めることができません。
また、人毛は半年位使うと色が赤くなってきますので染め直しが必要です。
かつらは修理できますか?修理代は?修理はできますが各社修理代はまちまちです。
たとえば部分的に毛が抜けた個所に毛を植え替えする場合、
安い所で2万円くらいで高い所は5万円以上もあります。
グッドジョブでは修理代は2万円から3万円くらいです。
かつらの制作日数はどのぐらいかかりますか?部分かつらで30日~40日くらい、全頭のオールかつらは40~50日くらいかかります。
実際かつらをつけているのはどのぐらいいるのですか?かつらの利用人口は、年々増えています。
かつらの種類が増えたことや、社会生活の変化によって、数年前よりも
かつら利用者の年齢が徐々に低下傾向にあります。
男性の脱毛以外にも、円形脱毛症や、病気や怪我による脱毛をカバーするために
かつらを利用される方も多くいらっしゃいます。
かつらの耐久年数はどのくらいですか?かつらの耐久性は、種類や使用頻度で変わりますが、
通常のタイプは2年~5年位の寿命です。
ここで言う寿命とはかつらと分からない自然さを保っている期間で、
もっと長く使う方もおられます。
ただし、メンテナンスや利用方法などによって、耐久性は変わります。
かつらは蒸し暑くないですか?暑くないといえば嘘になりますが、汗をかくような暑さではないと思います。
最近のかつらは軽く通気性も優れているのでメッシュの薄手の帽子位だと
思っていただければよいと思います。
髪の毛のカットはどうすのですか?ご購入のお店や提携している美容院で髪の毛のカットとかつらのセットができます。
取り外し可能なタイプの場合は、かつらをはずしてお近くの理美容院などでも
カットもすることができます。
地毛と同じようにシャンプーしていいのですか?
脱不要のタイプの場合は、そのまま普通にシャンプーしていただけます。
ご自身で着脱可能なタイプの場合、かつらをはずして頭皮を普通に
シャンプーし、かつらは専用のクリーナーなどで洗うことになります。
どのタイプでも、シャンプーするのは2日に1回程度にしたほうが、
かつらが長持ちします。
ドライヤーで乾かしていいのですか?かつらに使われる毛の種類によって違います。
人工毛を利用している場合、熱をあてすぎると毛の痛みが進んでしまいます。
自然乾燥をお勧めします。
熱に強い加工をほどこした、耐熱性人工毛の場合は問題ありません。
人毛の場合では、ドライヤーの熱で変色が進みます。
定期的に毛染めを行う必要があります。
スポーツしてもずれませんか?ずれません。ピン装着やテープ装着よりもしっかりと装着することができる
編みこみ式装着法や、最新の直接地肌に貼る方法などであれば、
激しい運動も問題ありません。ジェットコースターやプールも利用可能です。
かつらの維持費用はどのぐらいかかるのですか?伸びてきた髪とかつらのセットに月平均3000円程度かかります。
かつらの装着方法により消耗品が必要な場合はもう少し高くなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加    
関連記事