かつら・ウィッグの買替えオーダーメイドなら福岡市博多区のグッドジョブヘアにお気軽にご相談ください。オーダーメイドで10万円台の低価格を実現

最近のテレビ CMでは男性はかつらよりも増毛の CMをよく見ます。実際に初めて薄毛を増やす場合は「かつら」より自毛を生かした「増毛」の方が人気があります。

しかしテレビCMの増毛を見て実際に「増毛」を購入したお客様は、かなりの確率で「かつら」に移行されています。「増毛」をしたいのになぜ「かつら」に移行するのでしょうか。

それには理由があります。

大手メーカーや一部の専門店では「増毛」は最初のお客様を呼び込むための手段(PR)として考えられています。

「増毛」は「かつら」に比べスタッフに負担がかかる事、時間的なものを考えると、店舗にとっては、総じてコストが割高になる傾向があります。

それを、大手メーカーや一部の専門店では経営判断としてポジティブには捉えていないのです。

そのため「増毛」を最初に購入しても、すぐに「かつら」に移行するように勧められる事が多いようです。今後のランニングコストを考えるお客様であれば、営業トークに押されて、「かつら」に変えてしまうケースも少なくないと聞きます。

薄毛


グッドジョブヘアではそういう心配はありません。「増毛」のお客様は、長い期間「増毛」でヘアスタイルを維持されています。

低価格で必要本数の取り付けが可能な事も長く続ける事の理由と言って頂きます。増毛を希望のお客様に無理に「かつら」を無理に進めるという事も絶対にありません。

「増毛」は心理面でも、かつらより負担が少なく自毛を生かして増やす事ができます。生え際の薄毛も簡単に増やせます。

およそ600本から1000本で地肌がカバーできます。

上記の写真のように、ワックスやジェルでスタイリングできますので、様々なヘアスタイルも楽しんで頂けるようにサポートさせて頂いております。
薄毛でお悩みのお客様から「育毛の方が増毛やウィッグより良いですか?」と言うご質問をよく頂きます。

実際にはお客様の毛髪の状況や考えを確認しなければ適切な回答は出来ない部分もございますが、重要な事はAGAのメリット・デメリットを把握した上で自分に適した方法を選択する事だと私は考えております。

今回はその辺りの事を踏まえ、AGAの効果と問題点に関して簡単ではございますが記事にさせて頂きたいと思います。あくまで私の経験上の一般的な解説でもございますので、参考情報としてご活用頂けますと幸いです。


●AGAの治療目的
AGA治療は薄毛の原因であるDHTとよばれるジヒドロテストロンの抑制です。このDHTという男性ホルモンに薄毛を誘発する作用があります。

●5αリダクターゼ
男性ホルモンテストステロンと毛包付近に存在する5αリダクターゼが結びつくと先で述べた脱毛ホルモンであるDHTが生成され脱毛が起こります。

AGA治療は薄毛の原因であるDHTを生成する5αリダクターゼ酵素の生成を阻害するプロペシアを処方して結果的にDHTの生成も阻害して脱毛を治す方法です。

グッドジョブヘアのお客様もこの治療と増毛を併用しているお客様が2割程おられますが確実に以前より改善されています。

●AGAの副作用
男性機能の低下や性欲減退といった症状がおきる可能性があります。グッドジョブヘアのお客様でAGA治療をされている方の1パーセントの方が体がだるいや精力減退を感じるかたもおられました。

ただし実際はそれが薬の影響かどうかは断言できません。副作用ではありませんがAGA治療は保険適用外なので、通院費も決して安くはありません。

他にも実際に病院に行かれて詳しくどのようなリスクがあるかを確認してから検討しても良いのではないかと思います。



グッドジョブヘア福岡店ではAGAを含め、お客様に最も適していると思われる選択肢をご提案しております。薄毛でお悩みのお客様に対してゆっくり時間をかけて納得頂ける御提案ができるようにサポートさせて頂きたいと思っております。

薄毛
現在のかつら(ウィッグ)、増毛は見た目が自然で、付けたままシャンプーが出来たり、激しい運動も問題ない事が普通になっています。価格も昔のように、長いローンで高額なかつら(ウィッグを購入する方も減って来ました。しかし、問題のあるかつら増毛の専門店は存在しますし、口コミサイト等にも色々とあります。

かつら増毛店で気をつけるべきお店の特徴として、以下のようなものがあります。これは他の業種にもあてはまるとのではないかと思います。他社からグッドジョブヘアに移られるお客様も、ほとんど下記のような問題でご来店されます。
●社員の営業が必死で疲れるお店

●初めて相談に行った時に購入するまで帰してくれないお店

●即日即決の契約をせまるお店

●安い製品と高い製品の差が大きいお店

●低価格の広告で実際は高額なお店

●安さだけを異常に強調するお店

●修理代が異常に高いお店

●社員の技術に大きな差があるお店

●製品の種類が少なく選べないお店

●他社の事をものすごくけなすお店

●長いローンを組ませるお店

●増毛が降ろせない(再利用できない)お店

●社員がすぐにいなくなるお店

●転勤が多く担当者が頻繁に変わるお店

●装着方法が少なく選べないお店

●定額払いが購入するより高くなるお店

●専門性が少ないお店

このようなお店は、のちのち苦労する可能性が高いパターンではないでしょうか。
かつらとは
かつらも年々進化しています。
かつら基礎知識 人口毛,人毛編
人工毛
かつらに用いる人工毛には耐熱温度でいくつかの種類がありますが、おおまかには次の2種類です。
それぞれ特性が違います。
新世代人工毛 TS-1000耐熱温度は130度から160度。手触り感は柔らかく人毛に非常に近い。静電気で縮れにくくブラシッングが楽。見た目の質感も良く形状記憶毛でセットも簡単カネカロン人工毛
耐熱温度が100℃~120℃の人工毛で光沢がある。120℃以上の温度で焦げます。毛質はどちらかというと柔らかい。静電気には強くピリング(縮れ)が起きにくい。高温に弱くドライヤーをかけると形状が維持しにくくなる。高耐熱人工毛耐熱温度が140℃~180℃の人工毛で光沢はない。手触りは固い感じがするが毛は細い。高温には強いが静電気で縮れるためブラッシングは注意が必要。ドライヤーやサウナ等で形状がくずれにくい。※ピリングとは人工毛の毛先が細かく縮れる現象のことです。※この他にもいくつか人工毛はあります。耐熱温度が高いほどセットは長持ちしますが一般的には縮れが出やすくなります。
人毛
人毛にはインド毛と中国毛がありますが、やはりそれぞれ特徴があります。
人毛にはインド毛と中国毛がありますが、やはりそれぞれ特徴があります。インド毛毛が細い。光沢は少なく手触りは柔らかい。中国毛毛はインド毛より太めでコシがある。(日本人の場合こちらを使うことが多い)
人毛と人工毛の違い
●重さ 人毛は人工毛より重く同じ本数だと約2倍の重さです。水を吸うと人毛はさらに重さが増します。 ●乾きやすさ 人毛は一度水を吸うと人工毛より乾きにくいです。 特に痛んだ人毛は皮脂を含むためなかなか乾きません。人工毛は水分を含みませんので水に濡れても短時間で乾燥します。 ●光沢 人毛の光沢はカネカロンと耐熱人工毛の中間くらいですが、 やはり痛んでくると艶や光沢は無くなります。 ●手触り感手触り感は新しいうちは人毛が一番自毛に近い感じです。 ●自然さ これは自毛の毛質やスタイルでそれぞれに相性があるため一概に言えませんので 自毛との相性一覧をお読み下さい。 このように人工毛、人毛ともいろいろな特性があるため、 最近ではそれぞれをお客様の髪質やスタイル、使用条件などを考慮しながら 両方をミックスして使うことをしています。 割合は個人個人に合わせて配分しています。
マイクロベールタイプや編み込みタイプ。
ストッパータイプも自然なつむじが作れます。
近くで見ても最高の自然さです。

カツラメーカーの数
日本全国でかつらを扱うお店は400~500店あると言われています。意外に多いと思われるかもしれませんが理容店・美容店が全国で約30万店あることを考えるとまだ少ないのです。かつら大手といわれる大規模店はそのなかで8社程度です。その他に小規模のお店は広告宣伝が少ないため、かつら会社はテレビ宣伝をしている数社しか無いと思っている人も多いのが現状です。そしてかつらのシェアは大手数社で全体の約80%以上あります。
シェアの変化
以前は莫大な広告費が必要なため、なかなか小規模店は参入しにくい状況でしたが、
インターネットの普及に伴い全国的に独立系のお店も増え、
お客様の選択の幅も広がってきました。
明確な価格表示やきめ細かいサービス、最新の製品ラインナップにより お客様も大手から移動されるようになってきています。
利用者の変化
かつらや増毛で髪を増やすということに関して10年前の
お客様と最近のお客様に明らかな違いが見られます。
例えばご相談に来られる方も最近は家族や恋人と一緒に、
お友達2、3人と連れ立って、中には会社の同僚と来られたり
という方も多くなりました。しかも皆さん楽しそうに試着したり
スタイルを選んだりされます。
以前は圧倒的にお一人での来店が多かったことを考えると
大きな変化だと思います。
さらには以前は付けたり外したりするかつらが主流でしたが、
最近はお店に来てメンテナンスする時以外は全く外さず、
生え際も自然なタイプが主流になりつつあります。
このことは、かつらは隠すという考え方から、
自分の髪として積極的に楽しんでいくという考え方のお客様が
増えてきたからだと思います。
かつらや増毛で髪を増やすということに関して10年前のお客様と最近のお客様に明らかな違いが見られます。例えばご相談に来られる方も最近は家族や恋人と一緒に、お友達2、3人と連れ立って、中には会社の同僚と来られたりという方も多くなりました。しかも皆さん楽しそうに試着したりスタイルを選んだりされます。以前は圧倒的にお一人での来店が多かったことを考えると大きな変化だと思います。さらには以前は付けたり外したりするかつらが主流でしたが、最近はお店に来てメンテナンスする時以外は全く外さず、生え際も自然なタイプが主流になりつつあります。このことは、かつらは隠すという考え方から、自分の髪として積極的に楽しんでいくという考え方のお客様が増えてきたからだと思います。
かつら会社の形態
会社の規模が大きくなると社員は新規のお客様を担当するカウンセラーと
既存のお客様を担当しカットなどを行う技術者に別れています。
カウンセラーは初めて来店したお客様に商品の説明をしています。
技術者は既存のお客様へ毎月のメンテナンスやアドバイスを行います。
お客様満足度100%を目指して
店長の樋口です。私は長い間かつらのカットをしてきましたが、かつらのカットは本当に難しいと長くやるほどに実感します。
最初大手メーカーに入社したときはかつらのカットを2ヶ月の研修後からさせられてまだこんなに未熟なのに高額なかつらをカットして良いものかと驚きました。
その後20年経って感じる事は、かつらのカットはお客様がご自分の理想のかたちの70~80%の仕上がりで妥協しておられる場合は未熟な技術でも出来るのですが、90~100%の満足度で仕上げるためには技術のうまさやセンスとともに感性が非常に大切になります。
お客様はご自分が本当に欲しいスタイルをうまく表現出来ないものです。
お客様のご要望をお客様との話のなかで上手に聞き出せる感性があって初めて100%の満足度を実現出来るとともに、私たちはスタッフともども技術だけでなく感性も磨いていかなければならないと思います。
薄毛
私はかつらのカット技術を専門に20年以上経ちました。かつらの仕上げは20年毎日技術を続けても未だに難しいと感じます。 例えばお客様が今迄使用していたかつらに合わせて新しいかつらを仕上げて欲しいと望まれた場合、今迄使い込まれたかつらと同じ様にカットして変化がないように仕上げるだけでも非常に高い技術と経験がないと出来ません。
また自毛とかつらを特殊糸で結着するいわゆる編み込みと言う技術も完璧に結べるには3年位はかかります。人工毛にカールを付けて形状記憶をさせる技術にいたっては自在に仕上げるには5年はかかる技術です。これは毎日毎日多くのかつらを仕上げてもこのくらいかかるという事です。
ですからたまにしかかつらのカットをしないお店ですと、この何倍も技術修得にかかると思います。
さらに円形脱毛のような全頭の型取りは難しく少しの取り違いが有れば頭の形に合わずにぶかぶかした製品になってきますから相当の経験がないと本当に満足出来るものは出来ません。
グッドジョブヘアのポリシー
かつらは取り付け方法だけでもお客様のお仕事や髪の状態、年齢や肌質に合わせて何十通りもあります。
このような多くの取り付け方の中からお客様に合ったベストの方法をアドバイスして実際に施術するには専門店でなければ絶対に無理だと思われます。
未だに取り付け方法がテープや留め金や接着剤しか出来ないお店は多いのではないでしょうか。
最近はかつらの専門店でなくても、かつらや増毛を扱うお店も増えていますが数回の研修を受けるだけでもうカットや型取りをしていると聞き驚きます。年数回の研修でかつら取り扱い店をたくさん増やすのは簡単ですがグッドジョブヘアはやはり専門店にこだわり、かつら増毛の専門店と提携して行きたいと考えます。
グッドジョブヘアでは本当に専門の技術を修得しているお店としか提携していませんからどのような製品タイプや取り付け方法にも精通しておりますので安心しておまかせください。

大手メーカーでいつも高額なかつらや増毛を作っておられる方は金銭感覚が麻痺しがちで、当たり前のように高額な製品を買い続けてしまう傾向にあります。
しかしグッドジョブでは、同じ物を低価格でご提供できますので、新たな選択肢とお考えいただけたらと思います。
現在のかつらのように、30万から100万円近くもかかる物は、日本以外では絶対に売れませんから、外国ではもっと低価格の設定になっているのが普通なのです。
かつら、増毛会社の形態
かつら、増毛の会社の運営方法は主に次の4つに分けられます。
●直営店方式大手メーカーが行っている方式は約80%を直営店で運営、その他にフランチャイズ店もあります。コスト的には一番お金がかかる方式です。●フランチャイズ方式グッドジョブヘアはこの方式です。メリットとして、各店舗独立していますがお客様は全国同じサービスが受けられます。またこの方式は各店独立した経営者がいるため直営店よりもお客様に対する接客サービスは必ず良くなります。各店舗は完全にかつら、増毛の専門店で大手メーカーと同じ専門の技術者が担当します。さらに運営コストも低く抑えられるため製品価格も低価格で販売出来るわけです。●委託方式本部が一つありその他の店舗は理容店や美容店に委託する方式です。お客様は本部のお客様となり、理美容室はお客様の製品カットとメンテナンスを本部から請け負うかたちとなります。コストを低く抑えられ全国展開が容易です。反面、専門性が薄れるいう事になります。●1店舗独立方式どこにも所属せずに各地域で1店舗で行うと言うお店もあります。この方式が一番コストは低いです。
製品ラインナップの比較
●大規模専門店ほとんどの会社がかつら、増毛、編み込み、生え際が出せるタイプなどいろいろなラインナップをそろえているためその中から選択できる。●小規模専門店すべてのラインナップを揃えており最新の製品も問題ありません。ただし、中にはかつらしか取り扱ってないところもあるようです。
カット技術の比較
最近は生え際が自然なタイプが主流になりつつありますが、
どのタイプもカットの仕方でかなり自然さに差がでます。
現在、製品自体の素材や形状は大規模専門店も小規模専門店もほとんど差が無いため、
カット技術の向上は各社とも一番力を入れている部分ではないでしょうか。
●大規模専門店社員数が多いため上手い技術者もいますが、カット技術には個人差があり上手い技術者にカットしてもらえるとは限らないので不満が出る場合もあります。●小規模専門店小規模店はカットが上手くないとお店がやっていけませんから自然に見せる技術レベルは高いと思います。ただし、技術者の数が大規模店よりかなり少ないためそのお店の技術が自分に合わない時は困ります。
これからの毛髪業界
小規模店も大手メーカーもそれぞれ良いところがあります。
たとえば服をオーダーする場合、大手有名デパートで注文する方が安心という人もいますが、
腕のいい職人がいる小規模テーラードで注文する人もいるわけですから、
よく情報を集めて自分にあった専門店を選ぶことが大事です。
●大規模専門店から小規模店へ
明確な価格表示やきめ細かいサービス、最新の製品ラインナップによりお客様も大手から移動されるようになってきています。
そして大手から小規模店に来られたかたのなかには22才で増毛を200万円も買わされ長いローンを組んでいるお客様や、ある育毛メーカーで育毛の見積もりをしてもらったところ2年コースでなんと700万円という途方もない値段を提示されたかたなどがおられます。
(しかも4年通うようにいわれたそうですから1400万円にもなります)
このように何も知らないと長いローンを組んだり大変な借金を背負う危険もあります。
●大規模専門店の問題点
毛髪業界では大手と言われている会社が8社ほどありますが販売方法の問題から東京都の行政指導をうけたりしています。
なぜこの様な事態が起こるかというと、この業種が人の悩みを扱うという性質上、何かお客様に重大な不満があったとしても表に出にくいため、会社側もその事に無関心な場合が多いためです。
また会社の規模が大きくなると社員は新規のお客様を担当するカウンセラーと
既存のお客様を担当しカットなどを行う技術者とに別れ
それぞれに新規販売と継続販売をまかされます。
新規売り上げをあげるため来店したお客様に商品価値を説明して
販売に結びつけようとしますが顧客単価とか決定率とかの売り上げの目安があり、
なるべく高い契約をとるように努力します。
既存のお客様への再販買である継続売り上げが科せられますので
やはり毎月のメンテナンスに来るお客様に何とか販売しようとがんばります。
社員の売り上げ額を評価してボーナスやら昇級を決めていますのでなかには
カット技術やサービスをないがしろにして強引な販売をしてくる社員が出てくる訳です。
それに支店同士でも販売ノルマがあり常に売り上げ競走している訳ですから
そのしわ寄せがお客様に来ることになります。
●小規模店のメリット
以前は莫大な広告費が必要なため、なかなか小規模店は参入しにくい状況でしたが、
インターネットの普及に伴い全国的に独立系のお店も増え、
お客様の選択の幅も広がってきました。
全国的に小規模のお店も増え業務提携も行えるようになり
明確な価格表示やきめ細かいサービス、最新の製品ラインナップにより
お客様も大手から移動されるようになってきているのです。
実際に小規模店で製品を御覧になった方は今まで高額で買っていた製品と
なんら変わり無い事に驚かれますし、
もちろん強引な販売等は皆無なので安心していただけます。
これからは大手だけがお客さまを独占する時代は終わり永くつきあえるお店が増え、
高額な商品を長いローンを組んで買うような事は無くなっていくのではないでしょうか。
お客様満足度100%を目指して
店長の樋口です。私は長い間かつらのカットをしてきましたが、かつらのカットは本当に難しいと長くやるほどに実感します。
最初大手メーカーに入社したときはかつらのカットを2ヶ月の研修後からさせられてまだこんなに未熟なのに高額なかつらをカットして良いものかと驚きました。
その後20年経って感じる事は、かつらのカットはお客様がご自分の理想のかたちの70~80%の仕上がりで妥協しておられる場合は未熟な技術でも出来るのですが、90~100%の満足度で仕上げるためには技術のうまさやセンスとともに感性が非常に大切になります。
お客様はご自分が本当に欲しいスタイルをうまく表現出来ないものです。
お客様のご要望をお客様との話のなかで上手に聞き出せる感性があって初めて100%の満足度を実現出来るとともに、私たちはスタッフともども技術だけでなく感性も磨いていかなければならないと思います。